ホラン千秋君ってウエンツ君の見分けがつかない

近頃TVを見ていて思ったのですけれど、ホラン千秋さんはコントラストが白くて、とてもお肌の綺麗な輩ですね。
お父様がアイルランド人のハーフの輩だということで、その引き抜けるような白いと言うのはお父様ゆずりなのですね。
楽におっきい鼻筋って、かわいらしい丸っこいまぶたが、近道をよりすばらしく見せるのだと思います。
現時点28年代だと言うことですが、シミもそばかすもないように見える。
いまどきのTVは必ずや細部まで思えるので、お化粧を変に太く塗っていらっしゃる身だしなみなんぞちゃんと見えてしまうし、分厚く塗ったメークにシワが割れて掛かる身だしなみもばっちり思えます。
も、ホランさんの素肌は白く細やかでめっぽう自然に映るので、お化粧で細工していない天性の白人の血液が混ざった愛らしい個人ですと思います。
そんなホラン千秋さんといった、役者のウエンツ瑛士さんを見間違えました。
こういうおカップル、ヘアースタイルも似ていて、目鼻立ちも似ていて、「あ、ウエンツです」と思ったらホランさんで「ホラン様です」といった思ったらウエンツさんだったり決める。
ウエンツさんもドイツ脈絡米人の父さんとのハーフだと言います。
おカップルともさすがヨーロピアンの血液が混ざっているのが迫る質感を生みだすのでしょうか。
ウエンツさんまで30年代も過ぎているのに、TVでUPに映っても白一色で艶々なスキンが羨ましいだ。
あたいまでスキンは白い側だと思いますが、防ぎきれないUVで今はそばかすに悩まされていらっしゃる。
ホランさんやウエンツさんものの透き通る白いスキンがうらやましくて仕方ありません。まさか、こんな理由だったとは